相続税・贈与税シミュレーション

運営窓口

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

639-0223
奈良県香芝市真美ヶ丘2-7-20
仲本会計事務所
 定休日  土曜・日曜・祝日


 固定電話へのお問合せ 

0745-78-0883
受付時間 
9:00 ~ 17:00

 携帯電話へのお問合せ 

090-8881-8566
受付時間 9:00 ~ 19:00

 FAXでのお問合せ 

0745-78-2686
受付時間 終日

メールでのお問合せ

仲本会計事務所

公認会計士・税理士 仲本昌之

所在地 〒639-0223 奈良県香芝市真美ヶ丘2-7-20
電話 0745-78-0883
FAX 0745-78-2686
HP http://www.nakamoto-cpa.com
メール nakamoto-m@tkcnf.or.jp

当事務所へのよくあるご質問

Q1:相続税はどのくらいかかるのでしょうか?

A:相続税の計算は次のように計算します。
ただし、それぞれの計算項目の中身については特例や条件がありますので、単純にはできませんが 概算を計算するならば次のように計算します。

① 課税価格の計算
② 基礎控除 3000万円+600万円×法定相続人数
③=①-② を 法定相続分で分割した時の相続財産価格により税金計算をする。
④ ③の総額を各相続人の相続分で按分計算する。
⑤ 税額控除等があれば それに調整計算をする。
⑥ 税率は 累進課税になっていますので、一概には言えませんが目安としては下表のとおりです。


配偶者がいる場合配偶者がいない場合
遺産総額子1人子2人子1人子2人
2億円1,670万円1,350万円4,860万円3,340万円
3億円3,460万円2,860万円9,180万円6,920万円
5億円7,600万円6,555万円19,000万円15,210万円

Q2:相続対策として 念頭に置かなければならないことは何ですか?

A:各事例ごとにその対策が変わります。

大きく分けて、 
① 争族対策(もめないようにするには)
② 納税資金対策 
③ 節税対策
の3点セットで考える必要があります。

また、対策の為の期間の有無でもその対策の内容が変わります。
さらに、被相続人(予定者)の気持ち、意思としてはどのような相続の姿を描いているか?
が相続対策を進めるに当たって、ポイントになるでしょう?

Q3:土地の対策としてどのように対処すればよいか?

A:一般的には 次のようなことを対策として考える必要性があります。

  1. 誰(相続予定者)が、相続後各土地をどのように利用するのか?
  2. 売却又は別の有効活用の可能性 緊急性
  3. 相続税の納税資金の確保はできているか?
  4. 土地の現状を多角的に分析検討して、生前中に種々の事前対策の必要性を検討したか?
  5. 上記に関連してその評価額はどの程度か?

Q4:非上場株式の評価が高い。相続対策としてはどのようにしたらよいか?

A:非上場株式の評価が高い。相続対策としてはどのようにしたらよいか?

  1. 株主名簿を作成する。名義株の有無を確認する。
  2. 非上場株式の評価額を計算する。
  3. 評価減の方法 タイミングを検討する。
  4. 贈与を含めた 株式数の減少策を検討する。その減少数の受け手は誰か?
  5. 納税猶予制度の活用を検討する。

Q5:贈与制度を活用して、相続税を減らしたい。

A:贈与には次の制度があります。各対策には適用条件等があります。

  1. 暦年課税制度(1人1年に110万円の贈与をする。)
  2. 住宅取得資金贈与の非課税制度
  3. 結婚子育て資金の一括贈与
  4. 教育資金の一括贈与
  5. 非上場株式の納税猶予
  6. 相続時精算課税制度